鼻の下の毛を抜く処理方法はあり?

鼻の下の毛を抜く処理方法はあり?

鼻の下の毛は目立ってしまうので、こまめに剃ったり抜いたりしたいものです。ほとんどの人はシェービングで処理をしているでしょうが、この方法は肌を傷めやすい方法でもあります。肌というのは何度もカミソリを滑らせていると、乾燥しやすくなるのです。乾燥からトラブルに発展することは多いので、抜くという方法も考えてみましょう。

 

毛抜きで抜くことで、毛根から毛がなくなるので脱毛効果が長く続きます。ただ、鼻の下の毛を抜くときは非常に痛いですから、入浴後の処理がおすすめです。入浴後は毛穴が開いていますから、痛みが軽減するのです。

 

それでも初めてのときは痛いでしょうが、次第に痛みは軽減していくでしょう。何度も処理を重ねることで肌が慣れてくるので、回数を重ねると楽になるはずです。

 

処理をしたあとは化粧水を使用して、十分に保湿をしてあげてください。保湿は最大のガードとなり、肌を乾燥や紫外線から守ってくれます。乾燥肌をそのままにしておくと、非常に肌が傷つきやすくなります。

 

肌を丈夫にするためにも、鼻の下の毛の処理方法には気を配ってください。保湿をすることで黒ずみを防ぐことができるので、シェービングは毛抜きで処理したあとは化粧水でケアをしましょう。

 

 

鼻の下の毛を抜くのに注意すべき点とは

鼻の下の毛の処理の仕方は、人それぞれの毛質や肌の違いによって変わってきます。いくつかある処理の方法の中でも、一番手軽なのは、毛抜きで毛を抜いてしまう方法でしょう。脱毛のように費用もかからず、時間もかからないので一番手っ取り早い方法といえます。

 

しかし、毛を抜くのは肌や毛穴にダメージを与えている事を忘れてはいけません。

 

特に鼻の下の毛の生えている皮膚は、薄くて非常にデリケートです。そのため、少しの刺激で荒れてしまいトラブルを起こすと、なかなか治りにくいリスクもあるので、極力丁寧なケアが大切になります。処理の仕方として、まずは毛穴を傷つけないように、蒸しタオルで蒸らして毛穴を開くことがポイントです。

 

これは毛を抜いた際の痛みの緩和も期待できるので、事前に肌を柔らかくして、毛穴を十分開かせておきましょう。毛を抜く時は、毛の流れと同じ方向にそって抜いていきます。この時、毛の流れに逆らって抜くと、毛が根元から抜けずにちぎれて、埋没毛の原因になるので注意が必要です。

 

毛の処理が終わった後は、冷たい水で開いた毛穴を引き締め、保湿をすることも忘れないようにしましょう。

 

鼻の下の毛は、毛抜きで抜いていくと簡単に処理できますが、肌荒れなどの肌トラブルを起こしかねません。しかし、注意点を守って丁寧に処理をすれば、肌や毛穴へのダメージの軽減を期待できます。ぜひ鼻の下の毛の処理をするときは、このようなケアを試してみてはいかがでしょうか。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?